始めたときがベストタイミング

こんにちは、糸数です。

一難去ると、また一難ですね。

↑台風の話です。
こないだある方と話をしていて、「楽器を始めるのに、遅い年齢の境界」というトピックスを掘り下げていました。
その方はギターではないですがプロの演奏者で、5歳から楽器に触れ、40年以上のキャリア。
僕も一応、曲りなりにも17年ほどの楽器歴。(比べるとしょぼい…)

その方が言うに、「楽器を始めるのには10歳までに素質を伸ばしてやる必要がある」とのこと。

(え、僕ギター始めたの12歳です。とは口が裂けても言えませんでした。)

理由としては音感(音程に関係するピッチ感と、リズム感)は、鍛えてなければ生まれ持った状態からはレベルアップせず、10歳くらいを境に特にピッチ感は修正がききにくい。

らしいです。

音楽大学でも講師をしたり、幼児教育に携わっている方なので、「なるほどなぁ」と思う反面、いかにもクラシック界の人らしい考え方かなと思います。
というのも、クラシック界で生きていくにはオーダーが決まっていて、
1、幼児期から英才教育をうけ
2、10-14歳で国際的なコンクールで受賞歴あり
3、15歳までに海外留学経験
4、名門音楽大学に進学
5、プロオケに所属、もしくは海外へ

ほとんどこんな流れのようです。

少なくとも2、のプロセスがないとプロは脈無しというシビアな世界で、しかも金銭的にかなり恵まれていないと無理な経験も多々…。

要は10歳くらいで振るいにかけられるタイミングが来るのにもかかわらず、そこから初心者として初めても他と競えないでしょ、という論調ですよね。
現代のプロギタリストで、上のような華麗なる経歴を持った人が何人いるのでしょうか。

話を戻すと、確かに始めるのが早いのは、プロを目指すなら必要かと思います。
でも根本的に商業的な目的でやらないのであれば、遅いことはないと思いました。

どっちかというと、やらされて始めない分、遅く始める音楽は豊かで、自由で…っていうメリットがあるのになぁ…。
ということは、口が裂けても裂けなくても、言えません。笑

新・講師プロフィール撮影

こんにちは、糸数です。

お蔭さまで当スクールもオープンして1年と3か月(くらい)。

今日は新しい講師用のプロフィール撮影でした。

ロコスタ撮影隊のみなさん、台風の中来て下さってありがとうございます。

写真は、遠いですがベース講師の小松さん。

それとカメラマンの濱口さんにスタイリストの竹内さん。


美女をまえに良い笑顔をみせていました。
んで、僕のプロフィール写真なども撮影。

新コースのグループ・ウクレレコースや、グループ・アコギ用の写真も撮影完了です。
新しい写真は、近日中にホームページにアップしますので、こうご期待…。
ここまで言って苦笑いやったらどうしよう。汗

ウクレレっていいよね

糸数です。どうもこんばんは。
久しぶりに土曜日なのに夕方のレッスンが無く、この時間にブログ更新。

それはそれでさみしいもんです。
実は最近、要望のあった一部の生徒さんだけを対象にウクレレのレッスンをしています。

とってもゆったりした感じのする楽器で、老若男女おすすめ。

ナイロン弦で、全体に小さいので弾きやすさもバツグン。
ということで、この秋にウクレレのレッスンコースを設けようと目論んでおります!!

J-POPから洋楽から、童謡までやっていこうかと思ってまして、当スクールらしい自由度の高いレッスンをやっていきますよ。
(そのうち一期一会とかギタレレにも手を出しそうな気がしてます。)

耳コピ!!

こんにちは、糸数です。
ただいま絶賛耳コピ中です。
現在取り掛かっているのはBuddy Guyの「Damn Right I’ve Got The Blues」、「Who’s Gonna Fill Those Shoes」の2曲ですが、即興性が高すぎて符割が全く掴めません。笑

意図的なノイズやモタりが多用されているので、どこまで記譜しようかなという悩み…。

しかし、何とかして無理やり4/4拍子内に収め込んでいます。

ちなみにこれらは生徒さんのリクエストでやらせてもらっています。

前も書いた気がしますが、お蔭さまで非常に音楽人としてレベルアップさせてもらっています。

こういう内容を組めるのも、僕の生徒さんの特権ですしね。
さ、今からまたコピります!

秋にはアコギでも…

糸数です。こんにちは。
すっかり朝晩は秋の兆しですね。

食欲、行楽、何をやっても素晴らしいシーズンの到来です。

とにかく秋はいいですね。

エレキコースで頑張っている生徒さんで、アコギもやりたいという願望が生まれる方もいるようです。
アコギといえば弾き語り、フィンガーピッキング。
一人で完結できるスタイルということを考えると、むしろエレキよりも幅広のジャンルを網羅しているような気がします。
一人で嗜む、大人な感じでしょ。

個人的には海外でストリートをやっていた頃を思い出します。

若かったな、今より。

普段エレキを中心に演奏している人、ギターに接点の無い人。

秋はアコギでもいかがでしょうか。