【お知らせ】年末年始の休校について

こんにちは、講師の糸数です。

早いもので2016年も残すところあと4日。

たくさんの方の支えのお蔭で、充実した毎日を過ごし事ができています。

さて、当スクールは年末年始にお休みを頂きます。

▼休校期間

2016年12月29日~2017年1月12日

「ん長っ!!」という声が聞こえますが、どうぞご容赦下さい。

スクールは13日から開けますが、メール対応は6日頃から再開しますので、期間中もレッスンご予約承ります。

6日以降に順次メール返信しますので、ご予約はお早めに…。

また新規の生徒様には、ご案内にご不便お掛けしますことを先んじてお詫びいたします。

それでは、来年もどうぞ宜しくお願い致します!!

NEW!!ウクレレ・アコギレッスン

糸数です。

開校以来、ずーっとマンツーマンスタイルでやってきましたが、この度アコースティックギターとウクレレでグループレッスンを開設しました。

特設ページがありますので是非覗いてみて下さい♪

お写真はシニアの方が中心な雰囲気になっていますが、もちろんどなたでも大歓迎です。

楽器を学びながら人とつながる、グループレッスンの醍醐味を味わってもらえることと思います!!

 

分数コード

こんばんは、糸数です。

約3週間もブログを書かずにいましたら、生徒さんから心配されてネタ提供してもらいました。

「先生、ブログ見てますよ。過去の記事ですけど。」

かなりナイスなプレッシャーのかけ方だなぁと感心しました。

さてその頂いたトピックスですが、こちら。

分数コードって何?

一般的な「C」というコードを例にとって説明すると、校正している音は「ド・ミ・ソ」です。

この3つの音のうち、最も大切なのはドの音で、これがなっているから「C」というコードとして定義されます。

この場合のドこ役割をルート(根音)っていうので覚えておいてください。

一方で分数コードというのは「C/B」や「ConB」みたいに何やら「B」の要素をくっつけろ的な指示のあるコード。

この場合の構成音は「シ・ミ・ソ」になり、最低音がドではありません。

(ちなみにシの音はアルファベットのBで表されます)

しかし、ルート以外は「C」のまま。

なので、「ええい、ルートはBだけどほとんどCだから、CがBの上に乗っかったことにしよう!」

という発想のもと、「C/B」という呼びかたに。

試してみてもらえればすぐに分かりますが、「C」でも「B」でもない響きです。

またピュアな完全和音に比べて、非常に感傷的な響きを得られます。

※例外もあります

こんなもんでいいですかね。

ちなみに、ギターでやって最もやりがいのない分数コードは「G/B」です。

やってみてくれればわかります。笑