メトロノームのすすめ

こんにちは!ギター講師の糸数です。

Theストイック練習!というイメージのあるメトロノーム練習の効能について書きます。


(当教室でお馴染みのCASIO製メトロノーム)

 

お写真は、みなさんよく御存じの「チ・ク・タ・ク」鳴るメトロノームというリズム取りの機器です。

吹奏楽部出身の方は、ともに青春を過ごした経験があるでしょう。

 

通常「チ・ク・タ・ク」のクリック音は4分音符間隔で鳴らすことが多く、クリック音の間隔は数値で調節が効くようになっています。

120がミドルテンポとしたら、140くらいからアップテンポ、90以下くらいからスロー。

こんな具合に数値によって、テンポ感の設定が可能に!

そこで、いかにメトロノームを使えば効果的なリズム練習ができるかを紹介します。

 

1、チクタクのはざまに…

クリック音は4分音符間隔でなり続けます。

エクササイズとして、頭の中でクリックの音と音の間に仮想クリックを鳴らします。

 

▼エクササイズ

チ ・ ク ・ タ ・ ク ・

仮想クリック音をイメージ

チ  ク ク タ  ク 

※滑舌に自信のない人は「ラタタタ」でもなんでもOK。

 

こうするだけで、非常に演奏を合わせやすいです。

さらにギタリストであれば、このリズムに合わせて手の動きを合わせるだけで、あら不思議…!!

 

結構あっという間にメトロノームと仲良くなれますよ。

というわけで、レッスンへ行ってまいります。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

教材をコツコツ作る…

講師の糸数です。

この度ついにTAB譜ノートを作ってしまいました。

ネットでフリー素材を探したり市販の物を見に行ったりもしましたが、やはり微妙に6線の幅が広かったり、線の濃度が濃かったりで使いづらそう。

今の時代Excel使えれば何でも自作できますね。

 

僕のレッスンでおなじみのコードぽん(スタンプです)もきちんとおさまる幅で、鉛筆で記入しても線がごちゃごちゃにならない濃さ!

あとは何がいるかな…、

レッスン中に気が付いたら是非つっこんで下さい!

TABノート

一般のギタリストの方もダウンロードして使って頂いてもOKです。

ただ下部に著作権表記してますので、商用利用の際はあしからず…。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

新設!ドラムレッスン!

おはようございます!講師の糸数です。

お蔭さまで元気にやっております。

 

早速ですがお知らせ!

2017年、当スクールに新しくドラムレッスンコースが加わりました!

ちょこっと詳細を下記に…


ドラムレッスンは2名の講師が、各レベルに合わせて担当しています。

(初級・中級コース:塚本先生)

(アカデミック・コース:神田先生)

講師プロフィールはこちらからご覧になって下さい。

 

塚本先生は、初心者さんから中級レベルのドラマー向けのレッスンを担当。

神田先生は中級者から、プロ志向向けのアカデミック・コースを担当しています。


 

お二方とも、とっても熱意があって、優しくてユーモラス。

僕も見習わないといけません。(-_-;)

ドラムレッスンも無料体験レッスンを行ってますので、是非一度覗きに来てください♪


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com