グループ体験レッスン開講!

□NEWS□
SOAR MUSIC SCHOOL専属講師、塚本将大(つかもとまさひろ)先生によるグループ体験レッスンを実施します!!

▼詳細
日程:4月29日(土)
実施時間:19-20時
会場:SOAR STUDIO

経験者はもちろんのこと、初心者大歓迎です。
当日はドラムセットやパッドを中心にしたリズム練習の基礎をレクチャー。
受講生からの質問を受け付けるコーナーもございます!
また併設のラウンジにてご歓談もできます(*^_^*)

参加の申し込み、お問い合わせは下記へお気軽にどうぞ。

申し込む/問い合わせる

皆様のご参加お待ちしております!!


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

ルディメントの続きです。動画ありです。

さて、今回もルディメントの続きですが。

皆さんはパラディドルってご存知でしょうか? パラはパラレルの意味で交互に、ディドルは同じものが続くという意味だそうです。

つまりスティックの手順で行くと

[右手、左手、右手右手、次は、左手、右手、左手左手]

これが基本のパラディドルです。

スティックコントロールにもありましたが、あちらはあくまで手を鍛える事が目的ですので、ノーアクセントで練習します。

こちらは、手の感覚を重点にしますので、自然にアクセントが付きます。

パラディドルの場合は、一つ目の音にアクセントを付けて演奏します。

奏法として、右も左も一打、打ったら次の音はそのリバウンドの動きで音を出します。

となると、パラパラディドルとか考え付きますよね。

パラパラはダブルパラとなってダブルパラディドルと言います。6連符ですね。

そうすると、トリプルパラも有りかなと。

逆に、パラディドルディドルも有りで、パラディドルディドル~と続いていくのも有りかなと。こちらも6連系です。

ジャズなどの6連系のロールによく使われます。

次に、パラディドルの手順を少し変えて、始まりの部分をずらしていきます。アクセントはズレていきますが、一拍目をしっかり感じ取ることが大事です。メトロノームを使って実施してみましょう。

いかがですか、なかなか難しいでしょう。これをすることで感覚の柔軟性を養うことが出来ます。簡単に出来るようになるまでしっかりと練習しましょう。

上の練習が簡単に出来るようになったら、次に、一拍目としたアクセントを無視して、フレージングとしていろいろなところにアクセントを入れてみます。

手順は同じでも違うフレーズが沢山出来て、手を動かす感覚も全く違ってきます。

これらを柔軟に使いこなせると、多様なリズムの形を感覚として身に付けることが出来るようになります。

これをドラムセットに活かせていけば、いろいろなジャンルの音楽に対応して、演奏することが出来るようになります。

下記に譜面付き動画を作りましたので参考にしてください。

スティーブ・ガッド風に作ってみました。譜面及び音源は譜面ソフト「シベリウス6」からです。

H.HをCowBellに変えてラテン系のリズムに。

如何ですか、基本のパラディドル1つでもいろいろなフレーズを奏でることが出来ます。これはほんの一部ですので先は随分と長そうですが、

スクールの方に来て頂ければ、もっと沢山のことをお教えできますので、是非参加してみてください。

次回は、パラディドル他、3連系のルディメントなど紹介していきたいと思います。

4月突入!塚本は名古屋にいます。

はい、お久しぶりになりますね!ドラムの講師の(ギター糸数先生によるとうるさい、お調子者、うるさいの3拍子(?)そろった)塚本です(^∇^)

そうなんです、4月1日早々僕は自身のバンドであるTAKECOVERというバンドでライブのために名古屋にいるのです。

神戸から名古屋は車で行くので約2時間30分くらいですかね?ちょっとしたプチ旅行ですね笑お土産は!!ありません。ベースの小松先生も僕みたいにバンド活動をされていてお土産を期待できるかもしれませんよ?!(小松先生ごめんなさい。笑)

そうそう、バンドと言えばライブ、ライブといえばライブハウス。

最近お聞きするのがライブハウスは怖い場所。ってイメージがある。バンドマン怖いー、えー!?バンドマンかぁー、あの3Bに入ってるもんねー(3Bが何かと思った方は3B、スペースを空けてバンドマンで検索!!!笑)

そんなことないです!もちろんそらチャラい人(最近ではゲスかもしれない乙女とか出家させてしまった人とか)もいますがみんなそんな人じゃありませんよ。純粋に音楽、ライブを楽しんでる。みんなに自分の音楽、思っていることを伝えたい!という方が大半です。

つまり僕が何を伝えたいかと言うとライブハウス、バンドマンの大半の方は楽しいし良いところですよー、みんな怖くないですよー!と伝えたかったのです。笑

この記事よくわからなすぎてsoar musicの上の方に怒られんかなぁ?大丈夫かなぁ、、笑まっいっか!!( ◠‿◠ )笑

音楽はCD、ライブでもどちらでも楽しめる!それは確かです!

僕は音楽の素晴らしさをみんなに伝えれたらいいなぁと思っております!

では名古屋からみんなに、バイバイ!!

 

みんなエイプリルフールやからと言って嘘をつき過ぎないようにね( ✌︎’ω’)✌︎この記事は嘘じゃないよ!笑