ドラム打楽器イベント!

開催日:2018年7月6日~8日
ラディック・ロードショー
Dave Turncrantz(デイブ・ターンクランツ) スペシャルドラムクリニック


DAVE TURNCRANTZ スペシャルドラムクリニック

LUDWIG ROADSHOW 2018

アメリカを代表するラディックドラムスの新製品をご紹介するイベント「LUDWIG ROADSHOW」が昨年に続き今年も開催決定!

今回はシカゴ発ポスト・メタル屈指のRUSSIAN CIRCLESのドラマーDAVE TURNCRANTZ(デイブ・ターンクランツ)を招き、LUDWIG・ISTANBUL AGOPの新製品紹介とドラム・クリニックを実施します。

「超シンプル」なセッティングから繰り出される幅広いプレイスタイルは、新たな可能性を発見できるチャンスです。


【大阪会場】

●日時 : 2018年7月6日(金)  17:30オープン/18:00スタート

●場所 : KOKO PLAZA (大阪市東淀川区東中島1-13-13)


●来場者全員にプレゼントあり

●新商品 試奏可能 ※一部商品は試奏できないものもございます。

●お申込み先 : 野中貿易株式会社 per@nonaka.com

ご希望会場、お名前、お電話番号を添えてこちらのアドレスにメールでお申込みください。

複数名のお申し込みも受付できますので、参加される方のお名前も合わせてご明記ください。

※定員に達し次第締切とさせて頂きます。

 

RUSSIAN CIRCLESメンバー

DAVE TURNCRANTZ(デイブ・ターンクランツ)

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。Ludwigエンドーサー。ISTANBUL AGOPエンドーサー。

へヴィ テイストなインスト バンドとして高い評価を得ているポスト メタル バンド「ロシアン・サークルズ」のオリジナルメンバー。2004年の結成。ワールドツアーを行うほどの急成長を遂げる。2014年のメタル・フェス「leave them all behind」に参加のため初来日、東京と大阪での質の高いパフォーマンスは多くの日本のファンに衝撃を与えた。彼の放つダイナミックなリズム・セクションの躍動感は、いわゆるポストロック勢の範疇に収まらない 熱いロックが原点としても感じられ、シンプルなセットアップながら、このジャンルのドラマーには無い、幅広いプレイスタイルを持つプレーヤーです。


大阪会場】KOKO PLAZA (大阪市東淀川区東中島1-13-13)

・JR京都線「新大阪駅」下車、東口(南側)より徒歩約5分。

・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」下車、中改札より徒歩約10分。

JR新大阪駅の東出口の改札を出て、左へ進むと東口があります。(※地下鉄をご利用の方:地下鉄 新大阪駅の中改札を出て、JR方向へ進み、JR新大阪駅の東口に出てください。)

東口の階段を降り、外に出ると、広場があります。東口を出てすぐの横断歩道を渡り、左に進むと、コンビニエンスストアがあるので、そのまま通り過ぎ、直進すると角に寿司屋があります。

その角を右に曲がり、そのまま200mほど直進すると、左手にKOKO PLAZAが見えます。


 

5/11 講師ライブレポート

5月11日は講師バンドによるセッションライブが開催されました。

その模様を一部ご紹介、、


今回のライブ会場となった、神戸のカフェ&バーMAKESHIFT。(メイクシフト)

オーナーのジャイルズさん、色々と親切に対応して下さってありがとうございました!

 

(久々に会う講師たち、談笑する場面がみられました)

 

ギター講師の二本樹先生、ドラム講師の神田先生まずはお気まりの雑談。

ぶっつけ本番ライブなのになかなかリハが始まらないのが、講師バンドの特色でしょうか。笑

シンセ講師で、教室でカフェもやっている音崎先生さっそく音だし開始です。

神田先生は舞台監督ばりの風格!でも実際は手にマイクを持っていて「自分の演奏を聴くのが一番勉強になるよ」と、すさまじい探究心。

いつも勉強になります(*^。^*)

sessionの様子(動画)※音量にご注意ください

 

ライブが始まりましたが、演目はほとんど即興。

ジャズのスタンダードもいくつか演奏していましたが、細かいことは全て経験と技術でカバーする講師たち。

基本的に人の手元を見ながら演奏する、なんともユニークなスタイルでした。

なななんと!今回はセッションへ生徒さんも飛び入りご参加!

「Aのブルース進行で!」というごく限られたルールで見事に演奏しきってくれました!

彼女の勇気と、成長に拍手です(>_<)!

実はベース講師の芳井先生がヘルプに入っていたのはここだけの秘密ですけどね。笑

「ニホンゴ ペラペラ チャウデ!」という流暢なウエスタン日本語を操るジャイルズさんもセッションへ!

とてもファンキーでグランジのルーツっぽい、力強いベースがかっこよかったです。

次回もまた、こういった遊びのイベント開催したいと思います。

see you next!


ギターシールド制作、承っています

ソアー音楽教室のシンセ講師、音崎先生が織りなすケーブルクラフト!

生徒さんを始め、一般の方からも制作を承ります。

(写真は実際の製作例)

 

3m、5m、10m…シールドの長さは規格のような感じで決まっています。

でも、宅録のときに40cmくらいのシールドがあれば!エフェクトボード上で使うパッチケーブルでS/Lの15cmが欲しい!など、ニーズに応じたオーダーメイドが出来ます。

 

写真のシールドは、青色が2mのS/S。CANAREのケーブルノイトリック社製のジャックで非常に高級な組み合わせにもかかわらずお値段¥2,000(税抜き)!!

赤色は同じスペックで、S/Lにしてもらいました。

マルチエフェクターのイン/アウトプットで使う際に、接続が可視化できるように色分け。

S/Lはレスポール系のジャックがボディ側面についている楽器用を想定しています。

 

こういったワガママを叶えてくれるケーブルクラフト、是非一度お話しを聞きに来てくださいね。

▼ ▼

金・土曜はカフェ営業を行っています。

レッスン前後はごゆっくり、おくつろぎ下さい(*^。^*)