カポのすすめ

糸数です。こんにちは。
特にアコギ奏者の方に多いかと思いますが、弾き語りがしたい!!という方で、「E♭7」とか、「A♭M7」みたいな一筋縄ではいかないコードに苦戦した経験がある方も多いでしょう。
そういう時はカポを使うのもありです。
カポというのは0フレット位置を変えることが出来るアクセサリーで、これを使う事でコード進行を簡素化出来ます。
音レポに載せてみましたので、どうぞ。

 
ただ、音レポにも書きましたが、カポは付けるとかなりの確率でチューニングが狂います。

付けた状態でチューニングして外すと、当然また狂います。

これに泣かされるのが嫌な方はクリップチューナーを手に入れて下さい。

ヘッドに付けたままにしておけるので、チューニングが超楽です。

(また今度音レポに載せます!)

「いや、おれはあえて難しいコードに挑戦するぜ!!」

というのもOKでしょう。

僕としては、カポを付けた状態だとスケールが短くなることで得られるタイトなコード感が好きでたまに使っています。
ちなみにカポは安い物だと千円以下で見つかりますので、この夏、是非弾き語って下さい。

投稿者:

sguschool

兵庫県の港町、神戸で音楽教室を開いています。 ギター、ベース、ドラムその他、講師がそれぞれ目標を持って、楽しく充実したレッスンを心がけています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です