基礎練習についての話です。

さて、今回からドラムについての話になるわけですが、ドラムについてネットで検索すると、You tubeなども含めて、とんでもないテクニックの持ち主が居たり、演奏技術や奏法などを解説してくれているところがあったりと、情報が溢れていてドラムの練習するのに事欠かない気がします。

ある程度ドラムが叩ける方の中には、それらを参考に、かっこいいフレーズを真似している方もおられると思いますが、中々上手くいかない人が多いのではないでしょうか。

そんな一流のプレイヤーが上手く聴こえるのは、やはり基礎的技術が確りしているものと思います。つまり、そこまでのプレイに至る過程が見えていないと、単純に同じことをしても上手くは聴こえなということです。

同じような感じにするためには、やはり基本的な練習が欠かせないのです。

テンポ120で8連符が叩ける人と100がせいぜいの人が、ゆっくりした同じテンポで8ビートを叩いても、その差は出ます。

一打一打のスナップ速度が違うので音色に違いが出てしまうのです。やはりある程度、足も含めてストロークの速さは必要です。私のスクールでは、基礎練習で足(利き足)も手(片手)もテンポ120で4連符2~4拍叩けるようになることが最終目標です。

とにかく神経と運動機能を、まず、鍛えてみてください。

さて、ここでそんな基本的なスティックコントロールの練習に最適な教則本から幾つか紹介します。

Rは右手、Lは左手という意味です。テンポは自由ですが、2分音符1拍100前後まで出来れば十分でしょう。メトロノームを使って練習してみてください。

出来れば、拍の頭がメトロノームと一緒になって、メトロノームが聴こえないくらい正確に練習してみましょう。

またこれらは全てノーアクセントですからVolも均等に心がけます。

いかがですか。単純に見えて結構大変ではないですか。

これはその名もSTICK CONTROLというアメリカの教則本からの抜粋です。誰でもすぐに考えつくようなものですが、目で譜面を追いながら、変化する楽譜を瞬時に判断し、それを腕に伝えてコントロールする。

この先この本はどんどんややこしくなります。一例をあげておきます。

 

スティックさばきにおいて、一般に右利きの人は左手の動きが悪く、バランスが取れていないものです。(その逆もありますが)

また、左手ドラディショナル持ちの人は特に動きの悪い人が多いと思います。それらを克服する手段はあります。

と、このコラムではここまでです。練習方法など知りたい方は是非ソアーミュージック・スクールに来てみて下さい。

必ず、お役に立てると思います。

さて、次回はルディメントについての話です。次の楽譜は、どう叩くでしょうか。(知ってる人は簡単でしょうが)テンポは符点4分音符110位まで表現可能です。

 

それでは、また。

スクール会議のレポート Part.2

こんにちは、ギター講師の糸数です。

先日行われた講師会議の模様を、第二弾レポートしていきます。


前回も書いたように、テーマ「生徒さんに楽しんでレッスンを受けてもらうには!」を本筋に実に色々な意見交換ができた一日でした。

 

本校エレキギター講師の二本樹(にほんぎ)先生からは、教材の内容についての質問も。

(楽器を演奏しながらの会議は、当校ならでは?!)

本校の特長のひとつであるオーダーメイド性の高い自由カリキュラム(講師と生徒が相談し合って作る教材)は、講師の力量が問われる最大の見せ場。

ただ、自分の殻に閉じこもらず全員で意見をぶつけあって良いものを作るんだ!という気合に満ちています”(-“”-)”

(ベースを手にとる小松先生と、その奥でドヤ顔の塚本先生)

ベース講師の小松先生は、スラップ演奏をする際の指に着目したレッスン内容を展開。

ポップス系アレンジの経験も多い小松先生なので、レッスン内でもアレンジやフックの効いたトークが見込まれます(笑)

「ん?この人知っている!」

という方もいらっしゃるでしょう。

以前ブログに登場したこのイケメンの彼です。

キメッキメですね(*’▽’)

 

約1時間に及ぶ会議も無事に終了。お互いに目標を高め合った有意義な会議になりました。

最後に、今日の塚本先生。

本当にいい表情で叩いておりますね。

ドラムを愛し、ドラムに愛された男。サンシャイン塚本でした。(すみません)


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

中学3年生までボーカルが何かわからなかった!?!?

はい。そうなんですよ、、実は、中学3年生までほんと音楽に対してまっったくの知識がなくその状態からドラムを始めたのです。そんな状態でドラムを始めたきっかけですが

中学3年生になると高校生になるためにほとんどの方が受験勉強されましたよね?(まだ受験されてない方は大変ですよーーがんばって!笑)

その時に家で勉強していたのですが急に兄貴からお前これやれ。と。

えっ??どれ…?えっドラム?

最初はなにがなんだかわからなかったのですね。一生懸命に物を叩くパフォーマンスしてる人なんだなぁくらいの感覚でしかありませんでした。笑みなさん信じてもらえるかわかりませんが僕この時までボーカルをボーカルっていうカスタネットみたいな楽器があるとずっと思い込んでたのですよ。。それはないやろーーって思われるかもですが、、あるのですよぉ、、じゃあ中学受験までなにやってたんやーって言われると実はバリバリ体育会系の野球をしていたのですね。高校いったら目指せ甲子園!!!いやほんと野球漫画にあるある青春漫画ですよ!!(もちろん、小学校、中学なのでかわいいマネージャーはおらずコワーーイ顧問の先生しかいませんでしたが,,)

まあただ僕が行った高校で吹奏楽に入り運良く甲子園野球の開幕をマーチングで足を踏み入れたのであるいみ夢かないましたね笑

話それましたね、、(*´・ω・`)笑

野球を始めたのは覚えてなく、初めてボールを持ったのは3歳の頃と父親に言われました。つまり中学3年生になるまでの約12年間を野球に費やして日々野球に精進しておりました。そんな野球バカ少年も歳を重ね思春期になると訪れる受験勉強。

もちろんバカですので勉強しなければ受験は落ちるレベル。あかん。勉強せなあかん。そう先生に告げられ勉強を始めたのです。が!!!!

その矢先に兄貴からのドラムやれ命令。

やりたくもない勉強に日々追われストレスも溜まっていた思春期の僕は思わず言ってしまったのです。わかった、やるからその音楽のDVD閉じて部屋行ってくれへん?

兄貴は満面の笑みでリビングを去っていき自分の部屋で爆音でベースを弾き始めました(うるさい!!!笑)

そしたら早速次の日に兄貴から「これで枕とか叩いてて」と言われてドラムのスティックをもらったのですね。ここでひとつ。スティックってね、当たり前かもしれませんが基本は左右同じスティックを使うのですね?スティック売ってるのも2本セットで売っていることも多いくらい。

だけど渡されたスティックはメーカーが別で(スティックでも色々あるのです。深いですねーー。)左右非対称な長さもバラバラなスティックやったのです。

もちろんバカな僕は何も疑問に思わず受験を無事成功してドラムレッスンに行って先生に言われるまで知りませんでした。。笑

最初は上手く行かないことのほうが多かったです。泣いたこともありました。なんでこんなんせなあかんねん!って1人怒ることもありました笑

けどいまはほんと

あぁドラム叩けてよかった。って思うことが多いです。もちろん僕でもまだまだできないことはいっぱいあります。むしろできないことのほうが多いです(*´・ω・`)だけどそれも乗り越えた時の気持ちよさは野球で初めての試合でヒットを打てた時くらいの達成感があるということですね、あっ場合によっちゃホームランを打った時、自分がヒーローになった時の事もありましたよ?笑

日々是精進。

みなさんはいま何かされていますか?( ´∀`)

それが上手くいくことを心から願っています。

ドラム講師塚本将大

 

無茶ぶりで叩いてもらってみた。(動画あり)

連投失礼します。ギター講師の糸数です。

そういえば先日の懇親会の中で、塚本先生に無茶ぶりで即興ドラミングをやってもらったのを忘れていました。

「何か落ち着きのない感じでやって下さい!」

というリクエストでこのドラミング(-_-;)

いきなり叩き始めたのを急いで撮影しました。

 

まるで鳥が逃げまどっているような感じで、さすがの落ち着きの無さです!笑

各講師の無茶ぶり即興シリーズは続く…。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

スクール会議のレポート part.1

こんにちは、ギター講師の糸数です。

3月1日(水)にスクール講師の皆さんに集まってもらい、会議・懇親会を行いました!!

 

(開始5分、熱い議論が交わされます)

スクールの大方針である「生徒さんに楽しんでレッスンを受けてもらうには!!」

という議題で約60分間の意見交換会、、、。

みなさんそれぞれにユニークな音楽経歴をお持ちなだけに、様々なアイディアが飛び出しました。

(議論に真剣な?様子の塚本先生:中央)

(的確で柔軟なアイディアをくれる神田先生:右)

ドラム・パーカッション教室の先生方は、レッスン内容の意見交換を行いつつ、好きなドラマーの話などもちらほら。

真剣に取り組んでいながらも終止アットホームな雰囲気。

(実は面識のあったお二人!)

奥がベース講師の小松先生、手前がドラム講師の塚本先生なのですが、実はお互いの存在を知り合っていたということでビックリΣ(・□・;)

バンド活動でCDをリリースしたり、MVを配信したりと精力的に活動されておりますので、意気投合しまくっていました。

あれ、よく見たらニット帽も…?

 

-CD情報やMVは下記からご覧になれますので、是非どうぞ-

 ・塚本先生所属「TAKE COVER

 ・小松先生所属「aqulia

 

その小松先生と、ギター講師の二本樹先生の秘話はPART.2に続く…。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

皆さんのお気に入りのドラマーは誰ですか?

皆さんのお気に入りのドラマーは誰ですか?

そう聞かれて思いつく人、思いつかない人、いろいろあると思いますが。

ドラムってやっぱり面白いですよね。弦楽器や金管、木管楽器のように音を出すことに苦労しないし、8ビートとかリズムが刻めるようになると楽しいし、何より全身使って演奏してるって感じがカッコいい・・・と思いませんか。(^.^)♪♪♪♪

申し遅れましたがソアーミュージックスクール講師の神田です。

今年から始まりましたドラムスクール。塚本講師と一緒に楽しく、そして役に立つドラムスクールを目指していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

私が行うスクールの方は、ある程度演奏出来るけどもっと上手くなりたい、テレビやネットで見た、あのドラムのフレーズどうしたら出来るんだろうとか、プロみたいに叩くにはどうしたらいいんだろうとか、演奏の基礎から演奏時の考え方まで、お教えできると思いますので、腕に自信のある人もない人も、奮って御参加下さい。

皆さんの笑顔が見られること期待しています。

まだ始まったばかりのブログですが、次回からは基礎編のスティックコントロールやルディメントについて、話を進めていきますのでご期待ください。

又、いずれは演奏動画などアップして皆さんが楽しめるよう頑張っていきたいと思います。

それでは、また。

初めまして!!ドラム講師の塚本です!

初めまして!初登場になります。このたび、このSOAR MUSIC Schoolでドラムの講師を勤めさせていただきます、塚本将大(ツカモトマサヒロ)と申します!

これからお世話になります。

今日は他の講師の方とも交えて懇親会、ミーティングがありました♬

今日僕は他の講師の方々とお会いしたのですがみなさん個性的で!気さくで!面白い人です!笑

ってギター糸数講師に喋ったら「君が一番個性的だけどね、、」….わかってるじゃないですかー、、講師のみなさま、これからもよろしくお願いします(°▽°)笑

あっそうそう、ドラムやパーカッション、難しそうに見えますがやってみると案外みなさまできますよ!例えるならそうですね、右手でお箸を使ってるのに左手でお皿を持って食べ物をおはしでとる感覚!ですね笑

それにちょこちょこっと右足、左足がはいってくるだけです(*゚∀゚*)簡単簡単!

みなさまこんな個性的(糸数講師が言うには)な私めですがこれからもよろしくお願いします!

ではSOAR MUSIC Schoolでお待ちしております(´∀`)

メトロノームのすすめ

こんにちは!ギター講師の糸数です。

Theストイック練習!というイメージのあるメトロノーム練習の効能について書きます。


(当教室でお馴染みのCASIO製メトロノーム)

 

お写真は、みなさんよく御存じの「チ・ク・タ・ク」鳴るメトロノームというリズム取りの機器です。

吹奏楽部出身の方は、ともに青春を過ごした経験があるでしょう。

 

通常「チ・ク・タ・ク」のクリック音は4分音符間隔で鳴らすことが多く、クリック音の間隔は数値で調節が効くようになっています。

120がミドルテンポとしたら、140くらいからアップテンポ、90以下くらいからスロー。

こんな具合に数値によって、テンポ感の設定が可能に!

そこで、いかにメトロノームを使えば効果的なリズム練習ができるかを紹介します。

 

1、チクタクのはざまに…

クリック音は4分音符間隔でなり続けます。

エクササイズとして、頭の中でクリックの音と音の間に仮想クリックを鳴らします。

 

▼エクササイズ

チ ・ ク ・ タ ・ ク ・

仮想クリック音をイメージ

チ  ク ク タ  ク 

※滑舌に自信のない人は「ラタタタ」でもなんでもOK。

 

こうするだけで、非常に演奏を合わせやすいです。

さらにギタリストであれば、このリズムに合わせて手の動きを合わせるだけで、あら不思議…!!

 

結構あっという間にメトロノームと仲良くなれますよ。

というわけで、レッスンへ行ってまいります。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

教材をコツコツ作る…

講師の糸数です。

この度ついにTAB譜ノートを作ってしまいました。

ネットでフリー素材を探したり市販の物を見に行ったりもしましたが、やはり微妙に6線の幅が広かったり、線の濃度が濃かったりで使いづらそう。

今の時代Excel使えれば何でも自作できますね。

 

僕のレッスンでおなじみのコードぽん(スタンプです)もきちんとおさまる幅で、鉛筆で記入しても線がごちゃごちゃにならない濃さ!

あとは何がいるかな…、

レッスン中に気が付いたら是非つっこんで下さい!

TABノート

一般のギタリストの方もダウンロードして使って頂いてもOKです。

ただ下部に著作権表記してますので、商用利用の際はあしからず…。


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com

新設!ドラムレッスン!

おはようございます!講師の糸数です。

お蔭さまで元気にやっております。

 

早速ですがお知らせ!

2017年、当スクールに新しくドラムレッスンコースが加わりました!

ちょこっと詳細を下記に…


ドラムレッスンは2名の講師が、各レベルに合わせて担当しています。

(初級・中級コース:塚本先生)

(アカデミック・コース:神田先生)

講師プロフィールはこちらからご覧になって下さい。

 

塚本先生は、初心者さんから中級レベルのドラマー向けのレッスンを担当。

神田先生は中級者から、プロ志向向けのアカデミック・コースを担当しています。


 

お二方とも、とっても熱意があって、優しくてユーモラス。

僕も見習わないといけません。(-_-;)

ドラムレッスンも無料体験レッスンを行ってますので、是非一度覗きに来てください♪


株式会社SOAR/ソアー音楽教室

代表講師:糸数裕貴

http://soarguitarschool.com

E-mail : school@soarmusic.com