【小ネタ】安すぎて音が合わない?!クリップチューナーについて

投稿者: | 2021年3月27日

¥1,000以下で購入できる上に、挟み込むだけで調弦が出来ることで大人気のクリップチューナーですが、この安さだとどうしても気になるのがチューニングの精度…。

安くても音が合わなかったら持っている意味ない!!というご心配を払拭すべく、クリップチューナーの精度を調査していきます!!


最近の記事


結論、音はきちんと合う

気になる結果から先に発表すると、音はちゃんと合わせられます

特にクリップチューナーは”ピエゾ式”といって、弦振動を感知していますので、相当にまわりがうるさい場合を除けば、かなりの精度で合わせられます。

値段次第で精度がかなり変わる、というは都市伝説です。

「本当かなぁ、、ぼくのチューナーで合わせると、コード弾いたときになぁんか違和感あるんだけど…、やっぱり精度低くない??」

実際に当教室の生徒さんから聞く話では、こんな意見もチラホラ。
で、楽器を触ってみると、実際にコードを弾くとなんかしっくりこない。

原因は実はチューナーにありませんでした。

以下によくある事例をまとめます。

▼教室のキャンペーン情報

①モード設定のミス

チューナーは数種類の楽器に対応するようになっていて、簡単にモードの切り替えが出来ます。

楽器の設定を間違うと、音をきちんと合わせることが出来ない場合もありますのでご注意ください。

というか、どんな楽器でもクロマチックモードにしていれば全く問題なく使えます!

②フレット楽器の宿命…

開放弦で音を合わせてあるのに、フレット上ではずれている部分がある
これはギターやベースなど、フレットで音程をとる楽器の宿命です。

フレットの位置はある程度計算されて打ち込まれてはいるのですが、精度の高くない楽器では、上述のようにコードのハーモニーが不安定に。
こういう場合はもはや諦めるしかないのか…

▼対策
弦の張替え
弦は古くなると伸び切っていきますが、この状態だと音が合いづらくなります。
2か月に1回くらいは交換したいところです。

②ナットの再制作
ナットの溝の深さに不具合が生じる事で、音が合いづらくなります。
弦交換しても改善の無い場合はナット制作も視野に入れましょう。
ただしナットは専門外が踏み込むと色々な問題を誘発しますので、必ずリペアショップに相談してください!

③買い替え時…?
初めは起こっていなかった症状が出てくるというのは、経年劣化の一種でもあります。
リペアなどで費用がかかってくる際に「1万円で買ったギターを1万円でリペアするのも…」と感じる場合は思い切って楽器を買い替えても良いと思います。

安い安いクリップチューナーでも、音が合わないということは無いというお話でした(^_^)v


※高価なクリップチューナーの特長
「んなら逆に、高いクリップチューナーの存在意義はなんですかい!」
全てとはいえませんが、さらに高精度なチューニングのできるストロボモードや、全弦を一気にチューニングできるポリフォニックモードを搭載しているものが高くなる傾向にあるようです。

▼教室のイベントについて

カテゴリー: 未分類

sguschool について

兵庫県の港町、神戸で音楽教室を開いています。 ギター、ベース、ドラムその他、講師がそれぞれ目標を持って、楽しく充実したレッスンを心がけています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です