エフェクターブランド|Ambientone(アンビエントーン)

投稿者: | 2021年9月8日

今回は新進気鋭のエフェクター・ニューブランド【Ambientone|アンビエントーン】のご紹介です。

Ambientoneとは

若きエフェクター・ビルダーのJK氏が手掛ける、上質で、ユーザーのニーズが考え抜かれたブランド。

現在はブースター、ファズなどのペダルを中心に制作開始されており、今後の制作展開が待ち遠しい。

JK氏の執筆するブログでは一般の販売サイトでは見られないほどの専門的な解説が行われており、購入時の信頼性も高い。

>> JK氏によるブースター解説

ハイレベルな配線技術

フラッグシップモデルのブースター ABT-001 では、ポイントトゥポイントによる配線について書かれている。

>> ポイントトゥポイント とは?

ポイントゥポイントとは、これがポイントトゥポイントじゃけぇ!といったような明確な定義はなくラグ板やユニバーサル基盤、タレットボードなどを使い部品の足と足同士の温かい触れ合いを大事にした配線方法となっております。
部品の足と足でつないでいくため、信号の劣化が少なく、音質に有利といわれており古来から伝わる配線方法の一つです。

Ambientone「 ポイントトゥポイントってなんどすえ? 」より引用

ユーザーのため、自身の技術や組み込みの詳しい説明を惜しまないところに、製作者のキャラクターと自信がみえる。

>> Ambientoneの情報をいち早くゲット

▷ Ambientoneへ問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です