【神戸の音楽教室】市販テキストを使わない理由について

投稿者: | 2021年9月13日

当教室では発足以来、一度も既存の楽譜に頼らずにレッスンを行ってきました。

今回はその理由について、詳しく解説をしていきます。

①生徒さんごとに違う課題があるから

教室に通う生徒さんはみんな、楽器歴や音楽の好みが違います。
もし同じ教材でレッスンをしてしまうと、それぞれの課題をクリアできず、多くの人にとってはつまらなくて、結果的に全く身に付かないものになってしまいます。
音楽はあくまで楽しいものであるべきだという理念のもと、テキストを制作しています。

>>【音楽教室】教材が良くても、上手くならない理由

②教えることに特化した講師だから

当教室の講師はみな、レッスンのエキスパート中のエキスパートです。
既存の譜面で教科書的にレッスンしてしまっては、せっかくの力が発揮されず、生徒さんに満足のいくレッスンを提供できません
そうして一人ひとりの生徒さんのことを真剣に考えていった結果より良いレッスン感覚が磨かれています。

>> 楽器のレッスンは3ヵ月で決まる?!

③講師もまた、楽しんでいる

当教室では「講師自身が音楽を楽しめるレッスンにしてください」と常に話しています。
これはレッスン内容を自分自身の手で作っていく当教室ならではの姿勢ですが、講師自身が受けて面白くないレッスンは絶対にしないという硬い意思に基づいています。

>> 当教室の講師一覧!!

「一体どんなレッスンなんだろう」と気になった方は是非いちど無料体験レッスンへお越し頂き、レッスンの雰囲気を感じてください。

>>体験レッスンって何するの?

▷▷ 体験レッスン申し込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です